オフィス・職場のコーヒーを個人用で選ぶ時のポイントを解説します。

INIC coffee

オフィスで飲むコーヒーを選ぶ時のポイントは?
オフィスに出勤して、今日も1日仕事。ふと仕事中やランチ後、大事な会議前にコーヒーが飲みたいなんてことはありませんか。今回は淹れ方やシチュエーションからあなたにピッタリのコーヒーをおすすめします。

オフィスや職場用のコーヒーの選び方

職場がオフィスの場合、抽出器具を使って丁寧にコーヒーを淹れる時間やスペースはあまりないですよね。コーヒーの入れ方から選ぶのがおすすめです。手軽にコーヒーを用意できるこれらの方法から選んでみてはいかがでしょうか。

スティックタイプのパウダーコーヒーはオフィスコーヒーにぴったり

INIC coffeeは、個包装になったスティックタイプのパウダーコーヒー。INIC coffeeはお湯でもお水でもマドラーいらずで溶けるほどサラサラのパウダー。職場やオフィスで、濡れた生ごみなども出さず手軽にサッと飲めるため、冬はホットで、夏はアイスでも好評を頂いております。瓶のタイプはデザインの可愛さも人気ですが、味を調節して飲めるのも人気の理由です。

ドリップバッグコーヒー

カップにセットするだけで簡易的にドリップコーヒーができるドリップバッグは、オフィスでもよく用いられています。個包装タイプがほとんどのため、コーヒー豆が新鮮な状態で保存しておけるのも嬉しいポイントです。ドリップバッグはアソートセットとして販売されていることも多いため、気分に合わせてコーヒー豆を選べます。

コーヒーメーカー

数人分まとめてコーヒーを用意したい場合は、コーヒーメーカーが人気です。コーヒーの粉と水をセットしたら、ボタン一つで出来上がり。抽出後も保温ができるタイプは、オフィスで重宝されるでしょう。コーヒーメーカーはオフィスの人数に合った規模で、手入れのしやすいタイプを選ぶことがおすすめです。

カプセル式コーヒーマシン

ポーションをセットするだけで、コーヒーやエスプレッソ系のドリンクなどが楽しめるカプセル式。この機械があればスタッフがそれぞれ好みのドリンクを味わうことができます。カプセル式を選ぶ時は、ポーションのラインナップ、手に入る場所、コスト、手入れのしやすさなどを考慮すると良いでしょう。他の淹れ方と比べてややコストが高いですが、コンビニやカフェで購入するよりは安く抑えられます。

インスタントコーヒー

インスタントコーヒーはスティックタイプや瓶入りのものがあります。スティックタイプは個包装で衛生的なのが良い所。一方瓶入りのインスタントコーヒーは、好きな加減に味を調節できる点が魅力です。コストパフォーマンスと手軽さにおいては、この中でもトップクラスに入ります。夏場には水に溶けるインスタントコーヒーを選ぶと、アイスコーヒーが簡単にできて便利ですよ。

オフィスや職場のシチュエーションに合わせてコーヒーを選ぶなら

限られた時間と場所で、手軽にコーヒーを楽しむ方法をご紹介しました。次はシチュエーション別にコーヒー豆の種類をご提案します。

気合を入れたい会議前におすすめのコーヒー

大事な会議前に、コーヒーを飲んで気合を入れたい。そんな時は、インドネシア産のマンデリンはいかがでしょうか。ワイルドでハーブのような香りと深みを感じられるマンデリンは、気合を入れたい時にピッタリです。

職場のみんなで飲むのにおすすめのコーヒー

例えばコーヒーメーカーにはコーヒー豆を使いますよね。その時、誰もが飲みやすいコーヒー豆があればよいのにと思いませんか。そんな時は、ラテンアメリカ産のブレンドコーヒーを選ぶと良いでしょう。できればコクや酸味のバランスがとれた中煎りのものがおすすめです。ラテンアメリカで生産されるコーヒー豆は、バランスの良さや洗練された味わいのものが多いため、様々な人が飲みやすいコーヒーとも言えます。

ラテンアメリカのコーヒー豆で代表的なものといえばブラジルですね。酸味と苦味のバランスが良いコーヒーです。

仕事の休憩でお菓子と一緒に楽しむ時のコーヒー

「ちょっと小腹が空いたからチョコレートでも食べよう」
仕事途中のエネルギー補給はやる気の源ですよね。せっかくならお菓子と一緒にコーヒーも用意して、小休憩しませんか。例えばナッツ入りのチョコレートなら、先ほどご紹介したラテンアメリカ産系コーヒーが、ドライフルーツ入りのチョコレートなら、アフリカ系のコーヒーが合います。アフリカ系ならキリマンジャロやエチオピアがおすすめです。

至福のひと時を過ごして、残りの仕事へのパワーを補充しましょう。

さいごに
コーヒー選びにこだわってみると、その手段の多さに気づきます。カフェやコンビニで買う、インスタントなど手軽な方法で用意する、抽出器具を使って本格的に淹れる。全てコーヒーを飲むことには変わりありません。しかし気分やシチュエーションに合った選び方をすると、コーヒーを飲む時間はより豊かな時間に変わります。ハードな仕事の合間に、ちょっぴり幸せを運んでくれるコーヒーを一口。あなたは今日、どんな方法でどんなコーヒーを楽しみますか。

pagetop